スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うるおい漆展

本日は、うるおい漆展の講評を聞きにいってきました。

私の作品について、審査員の方は建築家の方の話を例えに話されました。

「建築家は第一印象がすべてである。そこで印象に残らなければ細部をみてもらう
ことすらない。その点、工芸は最初から細部まで人に見てもらえる・・・

この作品は、今までに見たことがなく、一目見たときに人を捉える

この力強い模様は、お皿としては、料理を邪魔してしまうので好きではないが、
お椀だけ、お椀だけ、お椀だけ好きだ」

との御意見でした。(・・・つまり、細部は見てない・・・?)
お椀だけ!!!というのを妙に強調されていたので、少し複雑でしたが
今後につながる貴重な御意見を頂けました。

会期が終わり、受付をされていた方から
「お知り合いの方がたくさん見えてましたよ」
とびっくりしながら教えてくださいました。

いつも応援してくださる山の人たち、
お世話になっている先生方、
ありがとうございました。

スポンサーサイト

先日出品させていただいた「うるおい漆展」で、嬉しいことに「象彦賞」を
いただきました。

今日は会場へいってきました。
丁寧な仕事をされている若手作家さんの作品が並んで、とてもまばゆかったです。
基本的に写真撮影がNGということで、皆さんにここで紹介できないのがとても残念ですが、
3月2日まで京都勧業会館みいやこめっせで展示しておりますので、是非足を運んでみてください。

無理を言って、記念に自分の作品だけは撮らせていただきました。

IMG_0178 - コピー

出品したのは4展、お皿と合鹿椀です。

IMG_0176 - コピー

京都の老舗漆器やさんの象彦さんです。
岡崎の京都会館の西隣、細身美術館を少しあがったところにあります。

IMG_0174 - コピー

こちら大皿

IMG_0173 - コピー

こちらが一回り小さいお皿

IMG_0172 - コピー


自分の美しいと思えるものを、他の人もそう感じてくれることが心から嬉しかったです。

今回の展示は、作家それぞれの個性が際立っていますが、それぞれ完成された美しさがあり、
とても心温まりました。


やまびこクライミング

ここ5年ほど通っている、室内クライミング施設の「やまびこ」。
年末に手首を痛めて安静にしていたのですが、リハビリを兼ねて
先週と今週と行ってきました。

手首を痛めてるのに、クライミング?と顔をしかめられそうですが、
簡単なルートを無理せず上ると、自分の体と対話ができる気がします。
瞑想やヨガ、ジョギングやトレッキングなんかに似ているかも。

じんわり負荷をかけながら上ると、固まってた手の動きがスムーズに
なった気がします。

そういえば、腰が痛くて起きてすぐには立ち上がれないと言うおばさんや。
骨折して筋力の落ちたおばさんも、そこかしこに痛みを抱えるおじさんも、
病院にかかりながらもよく来てはります(ちょっと特殊なのかしら)

クライミングって生涯スポーツにいいなぁ、と改めて思いました。

雲の形

今日は昼から雪が降り出し、予報がはやまったのかしら?と思っていたら、
雪雲がそれていってくれたみたいですね。

〒ポストに竹工芸の落選の通知が届き、意気消沈・・・・
と、きを取り直して「うるおい漆展」用の作品の仕上げにかかりました。

これまでの展示でも出したシリーズ「雲の形」(通称:ぐるぐる)
今回はアイテムを増やし、食卓でより一層活躍できるようにしました。

owann

まずは合鹿椀。スープにもどんぶりにも使えます

IMG_0130 - コピー

そしてお皿。パン皿やとりわけ皿にぴったりサイズです

IMG_0132 - コピー

近づくと「のの字」を描くような模様

IMG_0133 - コピー

そしてこちらは少し大きめのパスタ皿。メインをドンっと盛ったり、ワンプレートランチにも、カレーさらにもどうぞ

IMG_0135 - コピー

どのお皿も、二つとして同じ模様のない雲のような模様がでています。
沸き立つ力強さ、そしてゆったり流れる姿、いろんな雲を想像しながら楽しんでください。

お届け物

今日は朝からお届け物が沢山届きました。
青森からのリンゴかと思いきや


aomori

中から出てきたのは、滋賀の木工家、平松源さんにお願いしていた
木地でした。
これを頑張って仕上げてて、3月のアートフリーマーケット京都へと思っていたら

kiji

ちょうど良いタイミングで届きました!
フリマの案内。

3月21日を目標にGOです。

hurima
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。